スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画鑑賞会

2014.06.22 13:59|イベント案内
横芝教会では、第5日曜日には映画鑑賞会を行っています。
6月29日は第5日曜日です。
午後1時から「キリシタン大名」を礼拝堂で上映します。

『2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公である黒田官兵衛、信長に愛され秀吉に畏れられた男にして、千利休の一番弟子と言われた蒲生氏郷、黒田官兵衛や蒲生氏郷らを信仰に導き、国外追放という憂き目に遭いながらも生涯信仰を貫いた高山右近。
戦国乱世の時代、神の教えに出会い、新しい世界を見い出した三人のサムライたちが、キリスト教の禁令によってどのような選択を迫られるのか、そして彼らに共通していた思いとは何だったのか、三人のキリシタン大名の心の軌跡を追う!』 (いのちのことば社)
皆さん一緒に見てみませんか。
お待ちしています。
スポンサーサイト

男性の日

2014.06.15 14:39|時々日記(時々更新)
 今日は、父の日ですね。
 教会では男性の日として、お祝いをしました。皆で簡単バーベキュー、焼きそばなどを作って食べました。
 男性の日なのに、牧師先生ほか2名の男性が、外で汗まみれになって焼きそばを作ってくれました。
 とても美味しかったですよ。
 次はサマーパーティーです。近くになったらお知らせしますので、ぜひいらしてくださいね。

思い悩むな

 何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えれ与えられます。  マタイ6:33
 私たちの主イエスは、マタイ6章では「見てもらおうとして」善行を行わないように教えられます。
 当時、ファリサイ派の人々、律法学者たちは、自分たちの敬虔さや、熱心さを人々に誇るような生活をしていたのでしょう。それは、まさしく、律法の限界、人間は行いによっては、神を知るに至る事は出来ないと証明しているといえます。
 旧約聖書の人々でも、隠れたところにおられ、隠れたことを見ておられる父なる神に生きるのを知ることが出来なかったのです。
 しかし、神は、私たちの主イエス・キリストにより、私たちに対する憐れみを示されました。そして、神は私たちに信仰により、永遠の命を得させて下さいました。
 私たちは、今、父なる神と主イエス・キリストを信じる者、信頼する者です。ですから、私たちにとりまして、善を行うのは、父がまず御子によって、滅びから命に贖い出し、愛して下さったからです。私たちの業は、人の評価を得る為ではありません。キリストに喜んでいただきたいとの願いによるのです。
 私たちは、洗礼によって、神の国に入らせていただいたのです。私たちは互いに神の国の民です。神が私たちを守っておられます。イエスは、その事を「求めよ」と言われるのです。神があなたを祝しておられるのを見い出すことが出来るよう求めましょう。同時に、神があなたを許され、喜ばれていることも「求めなさい」と言われます。神はあなたを聖なる交わりに入れていてくださいます。御言葉と祈りの生活を大切にしましょう。

イエスの服に触れた人

イエスの服に触れた人
「この女がイエスの事を聞いて、群衆の中に紛れ込み、うしろから、み衣にさわった」(マルコ5:27)
 聖書は「12年間も出血が止まらなかった女性が、イエスの服に触れた」と言います。イスラエルに於いては、このような人は『汚れた人』と考えられ、宗教上の制約を受け、つらい生活が強いられました。その上、多くの医者にかかって、さんざん苦しめられ、その持ち物をみな費やしてしまいましたが、その結果、悪くなる一方でした。このような中で、この人が、どのように生き、そして、今日、イエスに触れることが出来たのかです。彼女の生活を考えるヒントが、旧約のルツ記のナオミと云う人にあるのではないでしょうか。ナオミの事はご存知でしょう。この人は、モアブで、主人と2人の息子さんを亡くし、平安な家庭から不幸にされました。しかし、ナオミは、この事を受け入れ、神を、正しい方とする生活を続けた人でありました。それは彼女を御心にかなう者と変えたのでした。
 12年間、病気の為に、苦しんできた女性も、ナオミのように、主に信頼していたに違いません。それは、この人々の心を、砕かれた心に変えていたと言えます。それは、小さい者、貧しい者と認めさせていたと、その時、イエスは、多くの小さい人、貧しい者を救い、愛される方として登場されました。彼女にとりまして、イエスは自分を救って下さる方と見えたのです。彼女は、弟子たちも、群衆たちも知らないイエスを知って、イエスに手を伸ばし、み衣にさわり、神の御心として、イエスの力を受けるものとられたのです。次には、イエスが、この方を見つけようと探して下さったと物語られます。イエスを、正しく恐れるものとされることが結論ですが、まず、何よりも、どんな所を通ることがありましても、主を拝し、信頼し続けることが主の御心であると聖書は語っています。

スポーツの日

2014.06.08 16:53|時々日記(時々更新)
わたしたちの教会では、1年に1回は「スポーツの日」としてみんなで楽しくゲームや卓球等をします。
今日は簡単な筋トレや、ゲームをしました。1週間後には、筋肉痛で歩けなるかも(笑)。
これから、8月のサマーパーティー、6月・8月・11月の最後の日曜日には映画鑑賞会を計画しています。
誰でも参加可能ですので、ぜひ教会にいらしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。