スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエスは父に至る道

2014.04.13 18:08|聖書のメッセージ
わたしの父の家には住むところがたくさんある。もしなければ、あなた方のために場所を用意しに行くと言ったであろうか。ヨハネ14章2節
 私たちは、葬儀において、亡くなられた兄姉は、「天に帰られた」と考えます。それは、神のもとに帰られたと言うことですが、これまで死んだ人は、仏になると教えていたものも、近頃「天国へ行きました」と話すのを聞きます。「天国」は神のすばらしい賜物、正しく知っていただきたいのです。
 上記の御言葉は、ダビンチの絵で知られています。「最後の晩餐」の席で主イエスが、弟子たちに教えられたことです。主イエスは、次の朝十字架を通られて、父のもとに帰るご自分を知っておられます。その事は、反対する人々に捕えられ、裁判され、苦しめられ、鞭打たれ、十字架につけられ、殺される過程によるのですが。それは弟子たちには大きな挫折で、反対者たちには勝利に移るのですが。事実は主イエスが、ご自分を信じる者のために、父の家に住むところを用意しに行かれたのであります。主イエスは父なる神から遣わされ、暗闇の中で輝く光として、地上を歩んで下さいました。主イエスによって、神の恵みと真理が、世に現わされたのです。ところが、神に従っているという人々はイエス様につまずき、信じようとしませんでした。これらの人々には、神の恵みと真理が見えず、激しく反対する結果となりました。反対に、罪人たちには、イエス様が請け合って下さった「許す」が、命を得た喜びとなったのでした。そして、主イエスが地上の最後に、十字架に上げられ、天に帰られたのは、その地によって世の罪を除いて、主イエスを信じるすべてに永遠の命を得させて下さる為でありました。「天国」は主イエスを救い主と信じる人への神の賜物です。
スポンサーサイト

十字架は神のご計画

2013.09.01 15:43|聖書のメッセージ
 このイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで、あなた方に引き渡されたのですが、あなた方は律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまったのです。      使徒言行録2章23節
 さて、ペトロはイエス・キリストが十字架につけられ、殺される事が神のお定めになった計画であると、説教しました。ついに、聖霊がイエスさまの御業と教えに、弟子たちの目を開かれたのでした。ペトロたちはずっとイエスさまが、地上の主となられる方と期待し、その時自分たちも栄光に与りたいと願って、イエス様に従ったのでした。しかし、今、聖霊は、神が、わたしたち人間の罪の赦しの為に、限りない愛によって、ご計画して下さっていた御業であると示されたのです。
 ところが、神が、人々の罪の赦しの為に定められた、イエス様に対して、人々は、強い妬みと憎しみによる殺意を持って、十字架刑を実行したというのです。わたしたちは人間は、自分の利益を守る為には、どんな罪を犯すか分からないと言えるのではありませんか。人は、自分の義を守るためには、人を否定してしまいます。
 ペトロは、聖霊によって詩篇16篇8節~11節は「ダビデ王が、イエスさまについて預言した」と言いました。イエスさまは、ご自分の為の裁判、むち打ち、そして十字架に示された指導者たち・群衆たちの嘲笑、暴挙、苦しみの中で、このように思っておられたというのです。なんという平安、なんという信頼、なんという喜び、なんという交わりでしょうか。なんという自由、そして、なんという愛でしょうか。
 イエス様には、ご自分の苦しみの中で、父が、信じる者を贖われる幸が見えておられた、既に喜んでおられたと言えます。神がわたしたちを救いだして、神の子供として下さるご意志こそ、わたしたちの望み、救いと言えるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。